CH20/エルボーチェア(ビーチ材)
CH20-Beech

1956年にハンス J. ウェグナーによってデザインされたCH20。
背に肘をおいてくつろぐことが出来るチェア、という事から「エルボーチェア」という通称で呼ばれています。

1956年にデザインされ試作品が第一号が生産されたものの、その複雑な工程から当時は商品化に至りませんでした。
しかし、約半世紀近い時を経て2005年に復刻。通常ラインナップに加わり本格的な生産が開始されました。

CH20の大きな特徴は印象的な曲木で作られた背もたれ。一枚の無垢材を削り出して製作され、背を支えると同時にアームレストとしても機能する形状となっています。
そして11枚の合板を積層して製作される座面は、優れた安定性を作り出す構造となっています。そのため、脚と脚を接合する貫を必要としません。無駄を極限まで省いた構造です。

「ダイニングテーブルの周りにあまり場所をとらないチェア」をコンセプトにデザインされており、ウェグナーがデザインした数少ないスタッキングチェアでもあります。4脚まで積み重ねることが可能。
背に肘をのせてくつろぐことができるため、ラウンジチェアとしてもお使いいただけます。
また、背もたれが高くなく圧迫感も感じないコンパクトなサイズ感なので、デスク用の椅子としても最適です。

メーカーはデンマークの「CARL HANSEN & SON」。1908年より100年以上続いている老舗家具メーカー。
デンマークのクラフトマンの高い技術力から国外生産をせず、ヨーロッパ産の木材を使用してMade in Denmarkにこだわりを持ち続けている会社です。

CH20は2005年に復刻と同時に世界各国から大きな反響があり、同年にICFF(ニューヨーク国際現代家具見本市)エディター賞を受賞。
ダイニングルームや書斎、オフィス等様々なシーンで活躍してくれる汎用性の高い名作チェアです。


※ 当店はカール・ハンセン&サンの国内正規販売店です。並行輸入品・模倣品・類似品は一切販売しておりません。
※ 当店で販売する国内正規品にはメーカー商品保証が最長5年間(商品の保証期間は素材・部品等により異なります)が付いております。【注】並行輸入品・模倣品・類似品にメーカー商品保証は付きませんのでお気を付けください。


【JPサイズ(日本サイズ)への変更】
ご希望により座面高が20mm低い「JPサイズ」(SH440 mm)へ変更可能です(有料:税込10,800円/脚)。
JPサイズをご希望される方は「JPサイズ」をご選択ください。

【お届け予定日について】
▶ 国内在庫商品(短納期商品):通常約2週間
※「fabric group 1・2・3」「leather group B」のソープ仕上げはメーカー国内在庫商品です。但し、欠品がある場合などはお時間がかかる場合がございます。ご注文後におよその納期予定をご連絡いたします。
▶ 国内在庫商品以外:受注生産となりデンマークで生産後に輸出されるため、納期はご注文から「約3〜5ヶ月以降」です。ご注文後におよその納期予定をご連絡いたします。

【張地について】
▶ファブリック(group1〜4)およびレザー(group A〜C)よりお選びいただけます。
張地についての詳細はお問い合わせ下さいませ。
・fabric group1:Kvadrat Remix2 / Canvas2 / Forest Nap / Clara2、Gabriel Mood / Capture
・fabric group2:Kvadrat Hallingdal65 / Molly2
・fabric group3:Kvadrat Fiord
・fabric group4:Kvadrat Divina Mellange2
・leather groupA:Loke
・leather groupB:Thor
・leather groupC:Sif

※Thor:表面に薄いコーティングをほどこしたセミアニリンレザー。皮革本来の自然な風合いと肌触りを残しつつも、出来るだけお手入れを軽減したい方に適した本革です。301(ブラック)、307(ライトブラウン)、306(ダークブラウン)は国内在庫がございます。

【仕上げ方法について】
・ソープ仕上げ
・オイル仕上げ
・ラッカー仕上げ
計3種類の仕上げ方法がございます。プルダウンでご選択ください。

▶「ソープ仕上げ」について:その名の通り石鹸水のみで仕上げをしているため少し白っぽくなります。お届け直後は木部を触ると多少の毛羽立ち(少しひっかかるような感じ)を感じる可能性があります。しかし、お使いになられる中で毛羽たちは無くなり馴染んできます。また、ご自身にて石けん水で簡単にお手入れすることが出来ますし、お手入れを繰り返すことによって石けんの脂肪分が木部の導管に入っていき汚れに強くなります。

▶「オイル仕上げ」は広葉樹(オーク材等)の特性もありオイルを擦り込むと濡れ色になり、少し色が濃くなります。オイル仕上げはオイルで木部導管を埋め、湿度の変化や汚れなどから木部を守っている仕上げです。ソープ仕上げと比較すると触った時はつるつるしています。お手入れは石けん水で汚れを落とした後、サンドペーパーで磨き、オイルを施していただくという流れになります。

ただし、ソープ仕上げもオイル仕上げも木の表面に塗装膜が無いので汚れた手や濡れた手で触り、長時間放置するとシミになる可能性があります。どちらの仕上げも天然木を活かした仕上げなので、多少の汚れは「家具と共に過ごした時間の証」として愛着を持ってお使いいただければと思います。

このように同じ木材でも仕上げにより見た目は変わりますが、オーク材は経年変化で色が濃くなっていきますので数年後にはオイル仕上げであってもソープ仕上げであっても色の差異は小さくなると思います。購入当時に木材の素の色をご希望の場合には「ソープ仕上げ」を、それよりも濃い色(濡れ色)をご希望の場合は「オイル仕上げ」を見た目の基準としていただければと思います。

なお、当店でご購入のお客様にはお手入れ方法の詳細をお伝えしますので、どうぞご安心くださいませ。







Hans J. Wegner(ハンス J. ウェグナー)


Year of design:1956 / Carl Hansen & Son / Made in Denmark


W540 D470 H730 SH460/440 mm


メーカー商品保証:最長5年保証(素材・部品等により異なる)


送料無料
79,000円(税込85,320円) 【価格一覧】
座面高(SH)
仕様
購入数